うつネコとハムスター「うつ病だからといって、休めばいいわけではない!」〜銀座新橋日比谷有楽町・心療内科マンガ

◆うつネコとハムスター「うつ病だからといって、休めばいいわけではない!」

うつネコとハムスター「うつ病は心の骨折②」〜銀座新橋日比谷有楽町・心療内科マンガ
うつネコとハムスター「うつ病は心の骨折②」〜銀座新橋日比谷有楽町・心療内科マンガ

◆「うつ病は心の骨折②」解説

「うつ病」は心の骨折だけに安静が必要ですが、ただひたすら休めば良いというわけではありません。

骨折にも言えることですが、ただ安静にしているだけでは、中途半端に骨が固まり、ヘンなくっつき方をすることもあります。
心も同じで、ただ休んでいるだけでは思考が落ち込んでしまうだけです。
たとえば仕事が原因でうつになったのなら、職場環境の調整は必ずいります。
上司が原因であれば、上司との話し合い。
労働環境や労働時間がハードであれば、同じくそちらの調整。
「ただ休めばいい」というわけではありません。

人間にとって「休むこと」は、実はベストではありません。本当に理想なのは、「自分にとってピッタリ合った職場で、明るく働けること」です。

分かりやすく比較するなら、

何もせず仕事継続
↓ただ休む
↓職場調整して気分よく働ける環境にする

という順番で良い、ということになるわけです。

もちろんその判断のために重要なのは心療内科ですので、お悩みがありましたらまずはお気軽にご相談いただければ幸いです。

(完)

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。