JRスキー広告と倦怠期~銀座新橋有楽町日比谷/心療内科コラム

JRスキー広告と倦怠期

こんにちは。ゆうきゆうです。

毎年、JRではスキーの広告を出しています。

JRを使ってスキーに行こうね、スキーに行くとこんないいことやロマンスがあるよ、というような広告です。

以前には、女性タレントさんの顔のアップで「全部、雪のせいだ」というコピーで広告が出ていたこともありました。
雪のせいで恋に落ちちゃうかも!
みたいなロマンチックな雰囲気のある広告でした。

やはり「わざわざスキーに行く」という面倒な行動を喚起するためには、「恋愛要素」、さらに言うなら「お色気要素」を入れなくてはならないのでしょうか。

さてそんなJR広告。
今年は、こんな内容でした。

「この雪には熱がある。」

「私たちって、こんなに青かったんだ。」

言いたいコトはいまいち分かりませんが、なんか「こんなかわいい女の子とキャッキャウフフ」ということは伝わります。

「雪に熱があったら溶けちゃうよね」
みたいなツッコミは無粋なんだと思います。

「青かった」⇒「若かった」みたいな感じの言葉ですので、
とにかくまぁ、若さの勢いで色々あるかもね、みたいな雰囲気も推察されます。

とにかく恋愛推しのようです。JR。

そして今回、もう一枚ポスターがあります。

 

男性バージョン。

「この雪には熱がある。」

男性がすごい真剣な目で見てますから、こっちは何か、ひたむきにスキーやスノボに打ち込む若者、みたいに思えますよね。
でも基本的に、

これとセットの広告ですから。

言うまでもなく、

この真剣な眼差しの先には、上の女の子がいます。

もう、女の子を狙う獣の目です。

さらに右には、小さくこう書いてありました。

冷めた僕らは、雪が解かした。

………。

え、これ、どうなの?

素直に読むと、
「この二人はカップルであり、冷めていた。分かりやすくいえば、倦怠期だった。
しかしスキーに来たら、雪が二人の関係を解かしてくれた。すなわち再び盛り上がった」
ということになると思います。
倦怠期にオススメ!JRでスキー!

………。いいのだろうかこれ。

もちろん心理学的に、旅行に行ったり、二人でスポーツをすることは、関係性を高めるために重要とされているのですが。

ただ放っておいて倦怠期になっちゃった二人ですから、スキーシーズンが終わったら、またすぐ元に戻ると思います。
それにもう春ですし。

色々と切ない気持ちになりつつも、精神科医ゆうきゆうはJRでスキーに行くことを応援しています。

(完)

ゆうメンタルクリニック銀座新橋院は、2019年4月1日から開院です!
お気軽にご来院いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆうメンタルクリニック銀座新橋院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。