最近多い刺殺事件に「共通」する真実〜銀座新橋日比谷有楽町・心療内科コラム

最近多い刺殺事件に「共通」する真実〜銀座新橋日比谷有楽町・心療内科コラム

こんにちは。ゆうきゆうです。

刺殺事件に共通する法則…?

さて最近、「刺す」という事件が多いように思えます。
ナイフによる殺人未遂であったり、無差別刺殺であったり…。
悲しい状況です。
しかし実は、これらの事件に「ある共通する法則性」があるのです。

実はクリープランド州立大学のベンジャミン・ウォレスは、大勢の被験者にたいして「どの時間帯が一番催眠や暗示にかかりやすいか?」ということを調べました。

その結果、
・午後1時~2時
・午後6時~9時
の二つが、もっとも催眠や暗示にかかりやすい時間帯ということが分かったのです。

この時間帯、思い当たることはありませんでしょうか。
そう。
「疲れて、意識がボーッとしている時間帯」です。

危ないのは、昼下がりと午後。

昼ご飯の後は眠くなりますし、夜も6~9時くらいになると、疲れ切ってしまう人も多いかもしれません。

そして普段、人間には理性があります。
そのため、外からの催眠や暗示、または何かの強制にたいして
「いやいや、そのまま従っちゃダメだ!」という防御をすることができます。

しかし疲れてしまっている上記の時間帯ですと、それこそ人の言葉に簡単に従ってしまったり、抵抗する力をなくしてしまうわけです。

これは結局、刺殺などの衝動的な行為が起こりえる時間帯にも、共通するものはあると考えます。

なぜなら不安定な衝動にたいして、抵抗する力も、同じようになくなる可能性があるからです。

実際の事件は…?

さて、それを踏まえて、ここ最近の殺傷事件の時間帯を見てみましょう。

・後楽園 刺傷事件     2019年2月14日20時過ぎ
・新宿ホスト殺人未遂事件 2019年5月23日16時頃
・登戸の刺殺事件     2019年5月28日午前7時41分頃
・警察官が刃物を持った男に発砲した事件 2019年5月28日14時15分頃

まぁ、実際に20時の事件はズバリです。
一点、登戸の事件は「7時41分」で、朝であり、まったく上記の範囲から外れます。

ただそれ以外は、20時、16時と夜の時間であったり、14時15分という昼下がりの時間帯ではあります。厳密ではありませんが、だいたいその範囲内にあると考えられます。

そう考えると、「完全な深夜」や「午前」は、実はこういう事件が起こりづらいとも考えられます。
特に「深夜」なんて、いかにも危険なイメージがありますが、逆にそんなに危ないわけではないのですね。
それこそ肉体も疲れて寝てしまっているか、または意識が逆に冷静になっているのかもしれません。

まとめ。犯罪にあわないために。

何にせよ、あなたが刺殺や無差別殺人などの事件に巻き込まれたくないと思う場合、「昼下がり」と「夕方~夜」に、より一層気をつけておくといいのかもしれません。

まぁ、いかに気をつけても、襲われたらどうしようもないんですけども。

というわけで、何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

単行本はこちらから!

新ヒロイン2名も登場!
果たしてどんな二人なのか!(表紙にいますけども)

お気軽にご覧いただければ幸いです!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


受付予約

受付予約を行いたい院をお選びください。(※必須)
上野院新宿院渋谷院秋葉原院池袋院銀座新橋院

お名前(※必須)

ふりがな

【再診の方へ】診察券番号

※お分かりになればで結構です。

【再診の方へ】診察券番号が不明な方はご生年月日

 
【再診の方へ】希望医師(※初診の方の医師の指定は承っておりません)


※ご希望医師が当日勤務の場合のみ承れます。
ただ不在の場合は、承ることはできません。その場合も、ご連絡はできません。

メールアドレス(※必須)

お電話番号

お悩みについて

残文字数 100

ご希望日(選べない日は休診です)

送信内容を確認して送信してください。


お問い合わせ後の返信や予約に際しての注意事項を個別にお返事する場合もありますが、返信までにはお時間を頂戴いたします。 お急ぎの場合にはお電話でお願い致します。 返信がない場合には直接ご来院ください。