男と女で違う、不安の速効解消法〜銀座新橋日比谷有楽町・心療内科マンガ

男と女で違う、不安の速効解消法〜銀座新橋日比谷有楽町・心療内科マンガ

 

ちなみに女性であっても、おそらく不安定になったとき、好きな男性から抱きしめられれば、気持ちが安らぐのではないかと考えます。

とはいえ、ネガティブになってしまった場合、相手にたいしての気持ちも「閉じている」ことが多いため、その「抱きしめ」方法が使えない可能性が大ではないかと考えます。

ただ男性は、たとえ相手にネガティブになっても「それはそれとして」みたいな(良くも悪くも)ユルい面があるので、この方法が著効するのはないかと考えます。とはいえ、女性の方が、口論している相手にたいしてそれができるか、という問題もありますけども。

まぁ何にせよ、どっちの場合も、少しのあいだは辛抱と考えて話を聞く、というのも無難な解決法です。

特に紹介したように食事やお茶をしながら行えば、それによって気持ちもリラックスしやすくなります。

ちなみに結婚している夫婦がうまく行くか行かないかは、
「性行為の回数」-「口論の回数」
によって判明する、という心理学調査があります。

もちろん性行為に限らず、人間は「触れあう」ことによって喜びを感じ、安心を抱くものなのかもしれません。

それこそ子供のときを思い出せば、泣いたとき、不満なときに、「だっこ」してもらうことによって落ちついたりしますね。

この本能は大人になっても同じなのかもしれません。

実際男性はもちろん、女性であっても、ふくよかなボディに包まれることによって、それこそ小さなときを思い出して、気持ちが安らぐのではないでしょうか。

個人的に、絶対に胸でないとダメということもなく、「柔らかなモノ」でしたら何でも構わないのではないかと考えます。クッションでも、体の他の部分の脂肪でも。

すなわち相手を問答無用で安らがせるために、あえて太っておくというのも手です。それだけのために太るのはイヤではないかと思いつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

単行本はこちらから!

 

新ヒロイン2名も登場!
果たしてどんな二人なのか!(表紙にいますけども)

お気軽にご覧いただければ幸いです!

 

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆうメンタルクリニック銀座新橋院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。