うつネコとハムスター「うつ病と認知のゆがみ」銀座新橋有楽町日比谷心療内科マンガ


うつネコとハムスター「うつ病と認知のゆがみ」

解説

うつの時には「ネガティブトライアングル」という思考の流れから
抜け出せない状態になってしまうことがあります。
これを「認知のゆがみ」と言います。

例えば
「将来への否定的な考え」⇒「自己への否定的な考え」⇒「世界・環境への否定的な考え」
⇒「将来への否定的な考え」⇒「自己への否定的な考え」⇒「世界・環境への否定的な考え」…と
一定の思考が繰り返されてしまう状態のことをさします。

簡単に言えば「僕は終わりだ…!」⇒「これは世界のせいだ…!」⇒「どうせ未来も暗い…!」と
ぐるぐる考え込んでしまうことです。

そんな時は
・「自分はダメだ」ではなく「誰だってミスはある」
・「この先ずっとつらいことばかり」ではなく「何があるかわからないしいいことがあるかもしれない」
など
1つの感情にとらわれず、ほかの考え方や見え方が無いか探してみることが大切です。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

ゆうメンタルクリニック銀座新橋院は、2019年4月1日に開院しました!
お気軽にご来院いただければ幸いです。

 

ゆうメンタルクリニック銀座新橋院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。