脱出ゲームマニア(謎クラ)あるある1~銀座新橋日比谷有楽町・心療内科コラム

「リアル脱出・謎解きゲーム」というものがあります。
実際にたくさんの人が集まり、リアルに部屋などに閉じ込められて、その限られた時間・場所で、謎解きをし、その部屋から「脱出」するというゲームです。
こちらは非常に中毒性があり、たくさんの人が参加しています。

その脱出ゲームマニアのことを、通称「謎クラ(謎クラスタ。謎を得意とするグループ、くらいな意味)」と呼びます。
その謎クラたちにあるあると思うことをまとめました。

一つめが、この「●分残し」。
謎好きな人は、成功するたびに、「成功できた!」と言いたいものです。ここまでは理解できます。
しかしそれだけでは飽き足りないのでしょうか。
「制限時間をあと何分も残した!」とよく言いたがります。
「成功した人は他にもいるだろうけど、我々はこんなに余裕だった!」と言いたいのだと考えられます。
でもあまりにその「●分残し」のアピールが強すぎて、見てる側としてはやや「お、おう」という気持ちになります。

ゆうメンタルクリニック銀座新橋院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。